押さえておきたい、経営計画の作成と活用! 其ー13

ノンカテゴリ

押さえておきたい、経営計画の作成と活用! 其ー13
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

できる人がやっている「企業経営」の上手な活用方とは? (13)

【事業計画作成の全体像の理解】

事業計画の全体像をお伝えします。

先ずは、

事業計画立案の背景と概要の説明資料

を作成したうえで、

以下の流れで準備していきます。


1.事業内容


2.ビジョン


3.目標


4.コンセプト


5.本事業が必要とされる社会的背景


6.市場分析


7.競業分析


8.当社商品(サービス)の魅力と競争力


9.他社との差別化


10.活用可能な当社経営資源


11.マーケティングプラン


12.事業計画収支 

   ・損益計算書、キャッシュフロー計算書

   ・売上計画(商品別、顧客別など)

   ・人員計画

   ・マーケティング費用計画 

   

準備が沢山必要ですが、経営者としてはすべて必要な情報です。

一つにまとめる良い機会ですので頑張りましょう!



「事業計画立案の背景と概要の説明資料」の作成

自社が置かれている環境を分析しましょう。(SWOT分析

①自社の経営資源【内部環境】について、

開発、生産、販売の分野において、

生かすべき「強み」(プラス面)

と対応処置が必要な「弱み」(マイナス面)を分析する。


*事例


「強み」

  ・・・専門業者として日本一の知識、販売実績の多さ、業界内ネットワークがある


「弱み」

  ・・・人員不足により営業力が不足、価格競争力が弱い 




②自社をとりまく【外部環境】について、

マクロ環境(政治動向、経済動向、社会動向、技術動向)と、

ミクロ環境(市場動向、顧客動向、競合動向)での、

「機会」(プラス面)と「脅威」(マイナス面)を分析し抽出していきます。


*事例

「機会」

  ・・・円安による粗利金額の上昇、海外市場でのインターネット通販の普及拡大


「弱み」

  ・・・中国製品の拡大による価格競争、競合製品の増加


事例としていくつかあげましたが、

「内部環境」「外部環境」とも10例を目標に出してください。


この前提条件を基に、

記述した「強み」と「機会」を有効に生かす事業計画を立案します。


1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!