押さえておきたい、経営計画の作成と活用! 其ー14

ノンカテゴリ

押さえておきたい、経営計画の作成と活用! 其ー14
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

できる人がやっている「企業経営」の上手な活用方とは? (14)

【事業計画書作成のステップ ①】

事業計画書作成に入る前に、一般論ではなく、

私の経験した30年以上のビジネス経験の中で感じたことですが、


事業計画書は自分にとってのゴール地点を明確にできるので、

今現在どこにいるのかがわかる事が凄いのです。


きちんとゴールに向かっているのか、

とんでもない方向に行っていないのかが理解できます。


計画を立てない時期もあったのですが、

その時は全くゴールが見えなくもがき苦しみました。


もう一つは、

事業計画を金融機関に見せることで相互の関係が

目に見えて良くなりました


あくまで経験上でのことですが、

少しでも参考になればと考えお伝えしました。



以下、事業計画作成のステップに入ります。


1.事業内容

自分のアイディアを基に施行していく事業について

誰でも理解できるように簡潔に説明してください。


2.ビジョン

「最終的にどうなりたいのか、どうなるべきか」を考えていきます。

進むべき方向性と目指すべきゴールを決ることをビジョンと言います.


以前詳細を明記しましたので、もう一度確認しておいてください。

(ビジョンの考え方についてURL:         )



3.目標

ビジョンで説明した進むべき方向性と目指すべきゴールに対し、

何時までに達成するのかを期限を決めて定めることが目標となります。


その期限内に達成する目標値を具体的に示してください。


また、目標は短期計画(1年)、中期計画(2年~5年)、

そして出来るだけ長期計画(5年~10年)で作成しておいてください。


もちろん事業計画も同様です。段階的にステップを踏んだ計画が望ましいです。



4.コンセプト

儲かる仕組みを表見するときに、「誰に」「何を」「どのように」

提供するのかを考えてください。


「誰に」・・・・ターゲットとなる顧客、当社が一番購入してもらいたい

顧客を明確にしていきます。


その顧客の年齢層や地域、男女の区別、独身や家族、

高齢者などターゲットを明確にすることで販売戦略

(販売ルートなど)が変わります。


ターゲットが広くなりすぎると戦略がぼけてしまいます。



「何を」・・・ターゲットの顧客視点から考え、その商品の魅力が

明確になっている必要がります。


一番大切なことは販売者の視点ではいけません。


販売者はその商品についてはプロの視点で考えてしまいます。


あくまでも、お金を払って買いたいと思われるような

顧客視点が必要です。



「どのように」・・・自社の「強み」を有効に活かし、

他社に模倣、代替などされないような独自の手法を考え差別化して下さい。


もちろん自社内で完結する必要はなく、

外部ネットワークを活用することも自社と外部を活用した立派な独自技術といえます。





1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう