押さえておきたい、経営計画の作成と活用! 其ー23

ノンカテゴリ

押さえておきたい、経営計画の作成と活用! 其ー23

できる人がやっている「企業経営」の上手な活用方とは? (23)

【事業計画書はできたけど、資金調達の方法は?】

ブラッシュアップされた事業計画書ができました。

本事業を推進するうえで、資金計画上の調達が必要なときに、

具体的にどのように進めるかをお話します。


あなたの会社が、十年、二十年と継続している会社でれば、

お馴染みの金融機関の担当者にお話ししていく方法がありますが、


スタートアップ企業であるとか、数年の実業実績で銀行の担当者とも

そんなに親しくない事もあると思います。


そんな時にいちばんおすすめなのは、

あなたの会社がある地域の、商工会や商工会議所です。

名前は聞いたことや見たことはあると思います。


地域の○○商工会は、

「商工業の振興と地域の発展を目的とした、地区の企業と結ぶ役割」

があります。


会員でなくても話は聞いてくれます。遠慮は必要ありません。

(後で会員になってくれと言われると思います。

メリットがあると判断したら入会してください)


資金調達の相談だとの主旨を伝え、アポイントを取れば良いですし、

アポなしで直接出向いて、融資の相談をしたいと伝えれば

経営相談員が居れば対応してくれます


もちろん、相談料など取られないし、

国や地方の補助金、助成金や、地元特有の(○○市限定)の助成金などの情報もあり、

いろいろな相談が可能です。


先ずは、商工会の経営相談員に話すことをおすすめします。



商工会は資金調達だけでなく、

今回、ご説明した事業計画書作成や経営革新企業の申請などの

アドバイスや勉強会など多くのメニューがあります。


また、地域の企業との交流にも利用できますので、

あなたの会社の商品やサービスのテストマーケティングに

活用することも可能かも知れません。


他にも相談できるところは多数あります。


会計事務所、中小企業診断士、なども親身に聞いてくれると思います。

ただし、費用は有料になるのではないでしょうか。


もう一つ無料で相談できる処があります。

信用保証協会です。


県単位で存在する組織ですが、東京だと東京信用保証協会となります。

一般的には銀行から融資を得る場合に保証協会が保証人となり

融資が実行されます。


信用保証協会は公益法人なので臆することなく

どんどん融資相談や経営相談をしてください。


あなたの作成した事業計画書を持参して

あななた事業のプレゼンテーションを行い資金調達をしてください



1

関連記事

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事